虚偽の申請は絶対してはいけません!

契約社員なんだけどお金を借りるにはどうしたらいい? > > 虚偽の申請は絶対してはいけません!

虚偽の申請は絶対してはいけません!

お金を借りる場合、必ず金融機関の審査を受けなければなりません。

それは銀行であっても消費者金融であっても、審査は必ずあります。

審査項目は各金融機関によって違いますが、「年収・勤務先・勤続年数・他社借入額・配偶者の有無・持ち家かどうか」などの項目があります。

ありがちな失敗は、審査に通るために嘘を書いてしまうことです。

018160_R.jpg

例えば年収などは「どうせ分からないだろう」と軽い気持ちで少し多めに書いてしまう人がいるようです。

しかし年収に関しては審査が進む中で、収入証明書や源泉徴収票などの提出が求められます。

ここで記入されている年収と違いがあるようだと、虚偽の申請ということで審査落ちてしまう原因になりかねません。

また、虚偽の申告をしがちなのが、他社からの借入金額です。

これも借金の額など分からないだろうと思う人が、実際の借金額より少なめに記入してしまうようです。

しかし他社借入額は信用調査機関のデータを見れば、すぐにわかってしまいます。

ここでも嘘の記述をしていると、審査落ちの原因になりかねませんのでご注意を。

本当の数字を書いてしまうと審査に落ちるんじゃないかと心配するようですが、虚偽の申告をしても必ずバレてしまうので正直に記入しましょう。

また最近の金融機関では公式サイトで仮審査や事前審査ができるようになっています。

これらの審査を利用することで、審査落ちしても信用情報機関にそのデータが残ることはありません。

審査に通るかどうか不安な人は、仮審査や事前審査を利用するのがおすすめです。


虚偽の申請は絶対してはいけません!関連ページ

銀行フリーローンの特徴
銀行フリーローンの人気が上昇しています。スピーディーな対応力、審査ハードルの高さ...
虚偽の申請は絶対してはいけません!
お金を借りる場合、必ず金融機関の審査を受けなければなりません。 それは銀行であっ...